カテゴリー別アーカイブ: 勉強法

試験から逆算して、スケジュールを考えよう!

合格率が7%台と、大変難しい社会保険労務士(社労士)の試験。この試験に合格するために、どのような学習スケジュールを組んでいったらいいのでしょうか?

試験勉強を始めるのは、もちろん早いに越したことはありませんが、遅くとも10月には、基礎テキストを読み始めましょう。
そして、ここから年内3ヶ月は、この基礎テキストの習得を目指す、基礎固めの時期です。まずは試験に出る内容や法律の全体像を掴むことからスタートします。

次に年が明けた直後は、テキストを読みながら、ひたすら問題集を解く実践の時期です。
問題を解くことで、自分の理解できていないことがはっきりと見えてきます。そこで、またテキストに戻って学習する。
最初は解けない問題も多いでしょうが、決してがっかりすることはありません。これを何度も繰り返すうちに、しっかりとした本当の実力がついてくるからです。

試験3ヶ月前は、試験準備の時期です。予行演習も兼ねて、模擬試験はぜひ受けておきましょう。
また、各予備校が主催で行うセミナーや、配布される文書についても、きちんと目を通しておくことが大切です。そして、何よりも体調を整えながら本番に備えましょう。

このように、試験日から逆算して勉強のスケジュールを考えていけば、今何をすべきかがはっきりしてきます。
ひとつずつクリアしながら前に進めば、自ずと合格ラインが近づいてくるでしょう。

社会保険労務士(社労士)の試験に、完璧主義はNG!

社会保険労務士(社労士)の試験は、毎年5万人もの人が受験を試みています。その中で見事合格するのは、毎年変動するものの、3000人〜4000人程度。率にしておおよそ7%台だと言われます。
これは決して簡単な試験ではない、と誰もがそう思うでしょう。しかしだからと言って、初学者が合格できない試験ではありません。
社会保険労務士(社労士)の試験問題は、暗記重視のものが多いのが特徴です。法律の解釈などを問う問題とは違うので、逆に言えば、暗記できれば合格できる、ということにもなります。

ここで合格するための最大のヒントは、満点を狙わない学習が大事ということでしょう。
社会保険労務士(社労士)の試験は全部で8科目という、広い範囲から出題されます。合格ラインは、65〜70%の正答率とされ、なおかつ、各科目に最低得点ラインが設定されています。
どれもオールラウンドにクリアできる能力を問われるわけです。

つまり、合格するために身につけたいのは、全ての科目の合格ラインをクリアできる能力になります。
細かい点が気になることもあるでしょうが、完璧主義はここではNGなのです。
こう考えることによって、各科目の全体像を捉えやすくなり、かつ余分なところが省けることで、覚える量も少なくなります。
受験本来の目的は、満点を取るのではなく、合格することだ、ということを忘れずに、学習を進めていきましょう。

科目別最低ラインを切り抜ける勉強法

社会保険労務士(社労士)の試験で、最も特徴的なのは、科目別に最低得点基準が設けられていることです。
社会保険労務士(社労士)の試験範囲は、労働基準法、労働安全衛生法、労働保険法をはじめとし、全部で8科目に分かれています。
合格基準は、年によって変動するものの、おおよそ総得点で70%程度の正答率が必要とされています。また、各科目で最低得点のラインが満点の30%程度以下に設定され、それを下回る科目が1科目でもあれば、他がどんなにいい得点でも、不合格となってしまいます。
また、科目別に受験することもできないので、1回で全ての科目をクリアしなければなりません。つまり、この8科目の中で、不得意な分野を作ってはいけない、ということなのです。
合格を目指すには、この最低得点ラインに引っかからないような勉強方法が大切です。

自分の苦手分野がわかってくると、どうしてもそこに重点を置いて勉強を進めていきたくなります。
試験直前は仕方ありませんが、そうでない時期は、この勉強方法はNG。不得意科目に注力して勉強すれば、必然的に他の科目にかけられる時間が減り、学習がおろそかになってしまいます。
普段はどの分野もどの科目も、万遍なく学習する癖をつけましょう。このバランスのいい勉強方法が、科目全体の平均値を押し上げる力を養うのです。
オールラウンドに正答できるように学習を進めることが、合格への大事なステップと言えるでしょう。