最初のテキストを選ぶポイント

社会保険労務士(社労士)を目指すことを決めたら、まずはテキスト探しから始めましょう。特に独学で合格を目指す人にとっては、合否を左右する大事なポイントです。
では、どんなテキストを選べばいいのでしょうか?

まず最も大事なことは、最初に選ぶテキストは、初級者向けの簡単なものにすることです。分量は少なく、基本的なことだけがしっかりと載っているものを選びましょう。
社会保険労務士(社労士)に合格するためには、非常に多くの知識を詰め込まなければなりません。またその内容も非常に難解なものが多くあります。
これに立ち向かうために心すべきは、いかに挫折せずに続けられるか、ということです。最初から膨大な分量の難解なテキストでは、途中で挫折してしまう可能性が高くなってしまいます。
また、図表やイラストが多く、2色刷りのものを選ぶように心がけましょう。文字ばかりを追いかけるより、読みやすく内容も理解しやすいものです。
そして、最後に大事なことは、自分の目で見て確認し、自分と相性のいいものを選ぶことです。
市販されているテキストは、中身については大きな違いはありません。あとは、自分とのフィーリングが合うかどうか。これも大事なポイントなのです。
基礎的なことを抑えたら、次に難易度の高いテキストにトライする。こうやって一歩ずつレベルアップをしていくことで、合格への道が見えてくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>