独学で合格できる?

社会保険労務士(社労士)の試験を受けるにあたって、中には学校などに通わず、独学で合格を目指す人もいます。
果たして、独学で試験に合格できるのでしょうか?

独学の最大のメリットは、何と言っても費用がかからないことです。
資格学校に通う場合と比較すれば、その費用の違いは歴然です。究極を言えば、出費はテキストや問題集を購入する費用だけに抑えられます。
万が一試験に不合格だった、もう諦める、ということになったとしても、最小限の出費で済む、というわけです。

また時間の融通がきくことも、大変大きなメリットです。
特に社会人で他に仕事をしながら試験に臨む場合には、自分の生活スタイルに合わせて、自由に時間を使えることは、とても魅力的です。

ただ一方で、当然デメリットもあります。
テキストや問題集をこなしていっても、数種類の法律に関する勉強内容は、複雑な問題にぶち当たることが多いものです。
誰かに聞ければすぐにわかることなのに、そんな時に相談したり、質問ができる相手が近くにいないことは、大きなデメリットになります。解決するのに大変な時間と労力を費やしてしまうからです。
また、頻繁に行われる法改正などの情報収集についても、独学の立場は非常に不利と言えます。

独学で試験合格を目指すには、しっかりとした学習計画と自分で勉強を続けていく強い意志が必要です。
そして、独学にこだわらず、資格学校で苦手な分野の単科講座を受けたり、資格情報誌を購読するなど、デメリットの部分を補う柔軟さも必要でしょう。
このことを肝に銘じてしっかり準備すれば、おのずと合格への道も見えてくるはずです。
社会保険労務士難易度徹底ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>